トップページへ

2004年 東京とその周辺での画像

2004年8月21・22日、東京へ出かけてきました。
その際に撮った写真を何点か掲載しました。


205系トップナンバー編成は山手線に健在。
1170G  クハ205-1[東トウ 1] 2004.08.21 恵比寿


現在、山手線を走る最も新しい電車、東トウ537編成。
1114G クハE231-537[東トウ 537]  2004.08.21  恵比寿


538編成の試運転

山手線用E231系試運転。38本目の編成。8月23日に東京へ運ばれる。
試6424M クハE231-538[東トウ 538]  2004.08.19 さつき野−荻川
 



E231系に置き換えが決まった113系。
いまは東海道本線の主役であるが、
その座を明け渡す日も近いであろう。
336M クハ111-1070[横コツ K47]  2004.08.21 藤沢



東京寄り、4両の付属編成は、
白地幕・貫通幌・灰色スカートが特徴のJR東海・静岡車両区所属の113系。
10月改正後、JR東日本への乗り入れは残るのだろうか。
792M クハ111-728[静シス T11]  2004.08.21  藤沢


「湘南新宿ライン」を通って東海道本線まで乗り入れている高シマ211系。
10月改正後は「湘南新宿ライン」からは撤退し、この姿は見られなくなるという。
2600E クモハ211-3057[高シマ A57]  2004.08.12  藤沢

 
215系も「湘南新宿ライン」からは撤退する見込み。
4620E クモハ215-104[東チタ NL4]  2004.08.21 藤沢


かろうじて残っている京葉線103系。
1452Y  クハ103-704[千ケヨ 306] 2004.08.21 新浦安


E257系への置き換えが決まった183(189)系。
次の活躍の場はあるのか…。
3066M 特急「わかしお16号」 クハ183-1506[千マリ 8]  2004.08.21 新浦安


愛称幕がLED化され、少々見づらい。
3016M 特急「さざなみ16号」 クハ183-34[千マリ 11]  2004.08.21  新浦安


東海道の113系より一足早く首都圏から消えるであろう115系。
高崎線での運転はすでになく、東北本線で数少ない運用をこなす。
この車は列車番号表示のマグサイン化が行われおらず
115系全盛期を思い起こさせる姿。
560M  クハ115-310[宮ヤマ Y306] 2004.08.22 西川口


2階建てグリーン車を組み込んだ編成となったU515。
10月改正以降は「湘南新宿ライン」中心に走る見込み。
558M クハE230-8015[宮ヤマ U515]  2004.08.22 西川口


常磐線・交直流普通電車の主役415系。
後継車の登場が決まったようで、この活躍も先は長くなさそうだ。
2370M クハ411-605[水カツ K805]  2004.08.22 我孫子


シールドビーム化が行われず「デカ目」ライトのまま残るクハ401-83。
この車を含む編成は最近、組み換えが行われたようだ。
395M クハ401-83 [水カツ K606] 2004.08.22 北千住


初の交直流通勤電車E501系。
1997年までに10連と5連のそれぞれ4編成が作られたが、
その後増備が行われず希少形式となっている。
2366M クハE500-1002[水カツ K702]  2004.08.22 我孫子


常磐線快速はほぼすべてこの新津車両製作所製のE231系
(この日も103系が走っているのを確認したが、撮影はできなかった)。
1280H クハE230-64[東マト 111] 2004.08.22 我孫子


東京地下鉄千代田線に乗り入れる常磐線各駅停車用203系。
アルミ車体に少々くすみが出てきており、輝きがない。
1606K クハ202-102[東マト 62]  2004.08.22 北小金


国鉄末期にVVVF制御車として試作された207系。
207系を名乗る車両はJR西日本に多数在籍するが、
JR東日本ではこの1編成(10両)のみ。
203系と混用、常磐線〜千代田線で使用。
1602K クハ206-901[東マト 71]  2004.08.22 北小金


これも2編成のみの希少車両209系1000番台車。
203系と混用、常磐線〜千代田線を走る。
1210K クハ209-1001[東マト 81]  2004.08.22 我孫子

inserted by FC2 system