2005年10月の画像

トップページへ  2005年index

1月 2月 3月 4月 5月 6月  7月 8月 9月 10月 11月 12月


8226 快速「SLばんえつ物語号」 C57 180[新] 2005.10.29 新関−東新津



9224D  快速「磐西・只見ぐるり一周号」 キハ58 1022[新ニツ] 2005.10.29 新関−東新津
 



↓こちらはキハ28 2371。ワイパーの形状、運転席窓下の手摺の位置・形状が違いますね。
スノープラウも、キハ58 1022が複線用、キハ28 2371が単線用と形が違います。


inserted by FC2 system


132M  クモハ115-1556[新ニイ S7]  2005.10.22 岩室−巻


只見線を走る盛ハヘ キハ48+40
423D キハ48 1547+キハ40 593[盛ハヘ] 2005.10.18 藪神−小出


守門温泉青雲館の保存車両

守門温泉青雲館の敷地内には、かつてSLホテルとして使用された
29657・オロネ10 2085・オロネ10 2083の3両が保管されている。
(訪問 2005.10.18)


只見線・上条駅から国道290号を約2km、「守門温泉青雲館」(魚沼市西名新田)がある。
その敷地内には、SLホテルとして営業していたオロネ10が2両、9600型蒸気機関車とともに保管されている。


29657。機関車は最近塗装し直されたらしく、黒光りしている。


機関車に繋がれたオロネ10 2085。状態はあまりよくない。
現役時代には白い帯はなかった。


車体には「新ニイ」の標記が。
ドアは開けることができるが、客室内へは入ることができない。


オロネ10 2083。


手動ドアの上には「A寝台」の表示。


2005.10.09 東新潟機関区一般公開


こんなアングルで撮れるのも一般公開ならでは。
 



開設40周年を記念して開催された。


一番の目玉はこれであろう。


EF64 1026[高] EF64 58[塩] EF81 9[富山]


「つるぎ」のヘッドマークを装着したEF81 9。


「日本海」のヘッドマークをつけたDD51 756[東新]は、構内での乗車体験に用いられた。


DD51 1027はエンジン部を公開。


JR東日本からDD14 317[長岡]が参加。
EF510-6は運転室を公開。


DE10 1689[東新]


オークションに出されたEF64のナンバー。
一枚数万円の値がついたようだ。


inserted by FC2 system


DD15ハンドル訓練
試9227 DD15 46[長岡] 2005.10.06 猿和田−五泉


9311 EF64 37[高] 2005.10.02 さつき野−荻川


『デジぷるBSN』ラッピング
クモハE127-13[新ニイ V13]  2005.10.02  新津

inserted by FC2 system